*PBMを遊ぶ人のゲームメモ。架空世界の話メイン。
http://unnmei.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
Private Reaction“s”-2
2006-11-05 Sun 01:00
 もたもたメール送信していたり、もたもた紙リアをコピーしたりしていたら、うっかり体調を崩しかけたSieです。わわわ。

 甘利はるきさまのお題サイト、[リライト]さんから、お題をお借りし、それに沿って散文的プラリアを書く、という企画の続きです。

 ヘビースモーカーというテーマで、煙草を吸わない人の話を書くのは反則な気もしますが(汗)、そのうち煙草の話も出てくる、予定……です(こっそり)。

 では、2回目を。
 宵闇リアと、密月の裏事情無しではつまらないものになってしまって、ちょっと反省。っていつもか……(ばたり)。
■「それは愚かな惰性」

 電話口のむこう、拗ねた声が答える。
 密月は、笑って答える。

 腕密月の部屋には、電話線が無い。学生寮の個室に、個々のプライベートな電話が設置してあるのは、かなり稀な例だろう。
 それは、学生寮の中でも少し外れた、人の出入りの少ないこの場所でも同じで。

 廊下の中ほど、壁に掛けられた内線電話は、学生の為に用意されたものだ。今それは、新潟まで――彼の故郷へと繋がっている。

「変わりない? ほんとに?」
「本当ですよ――ほんまほんま」

 妹の拗ねた声が懐かしい。
 彼女の一途な、時として頑固な一面を、密月は暖かく見守ることが出来た。それは、揺るがない何かを、確かめるときの手つきに似ている。そんな心で。

 それじゃあと、受話器が置かれる音を確かめて、回線を切る。

 ふと、窓の外が目に入った。

 赤々と燃える太陽は、焦れるように地平線を舐め、向こう側へと沈んでいく。じき、夜が来る。雨は、降りそうに無い。

 それで、いい。

 雨の夜には、思い出してしまうことが、ひとつあった。
 受話器の向こう、自分の心を暖めてくれる、あの子とは――縁のない世界でのこと。
 きゅっと、胸に去来する思いを、辛うじて閉じ込める。
 閉じ込めた蓋を、自分は。

 いとも簡単に、開けてしまうに違いないのだ。

 それは、――愚かな惰性?

***
別窓 | 【運準】プラリア | コメント:0 | トラックバック:0 
<<Staying late at night. | 蘇生 | etc.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 蘇生 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。