*PBMを遊ぶ人のゲームメモ。架空世界の話メイン。
http://unnmei.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
お久しぶりです。
2010-06-13 Sun 14:04
 運準の頃しこたまお世話になった青猫さんのブログが復活したので、釣られて復活してみました。
 ずいぶん長い事更新をさぼっていたので、このままフェードアウトしてしまおうかな ブログ更新は と 思っていたのはナイショです。←

 今ターンでちょっとだけ設定別紙を書き直して、アクションも本腰入れて頑張ったのですが、が がが 他PLさんともう少し連絡を取る努力をしておくべきだったとか色々後悔もあったりなんだったり。

 PC設定の記事はこちら
 今ターン変更した自由設定は折りたたみ先に(要らない情報ばっかりですが(´・ω・`))。現在は上原マスター担当の喜多路町におります。
 今更ではありますが、どうぞよしなに。

 気になるところをつつきには行きましたが、PC数も少ないですし、どこへ定まるべきかはまだちょっと迷い中・・・です。
 以下自由設定。
【自由設定】
 結婚し子供を持つことを夢見たこともある、旧ソビエト出身者。
 親しいベオウルフに年下が多い事もあり、「子供が居たらこんな年かな」と想像してはしんみりするお年頃。
 Dragonic hourを切っ掛けに弟の足取りを辿って来日した。「息子」と言うよりも「魔法使いの跡継ぎ」として育てられた彼の幸福だった時間は短く、愛と庇護に対する渇望が強いが、愛の深さをストレートには出せないタイプ。主食:酒くらいの勢いでアルコールからエネルギーを補給している。味には多少煩い。多少。
 恋愛対象を見定める目はあまり優秀では無く、基本的に選定がマゾい。国家の変動から肉親との離別まで、様々な要因に価値観をもがれた後、真理に惹かれペポペポの会に所属、現在に至る。
 趣味(知的探求)と実益(収入)を兼ねて、世界中のホテルでベルボーイとして働いていた。
 傷ついてきたが故に臆病で細やか。穏やかな物腰と灰色の目。大男の癖に、柔らかなアッシュブロンドの髪がどこか儚げな印象を与える。
 弟(ガルボイ・B・ラビスキー)に何があったか、今どんな思いでいるか、想像しか出来ないで居るが、それは別の人間だから当たり前の事で、どんな状態でも弟である事に変わりは無いと思っている。
 知的好奇心と身内への情の間で揺れた挙句、「自分以外の人間」の幸福と平和に価値観(浪漫=正義)を見出した男。寂しがり屋である事に自覚はない。
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<第5ターンリアクション | 蘇生 | すぱむこめんと。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 蘇生 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。