*PBMを遊ぶ人のゲームメモ。架空世界の話メイン。
http://unnmei.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
全リア集
2007-11-05 Mon 17:43
 各方面に不義理しております(申し訳ありません……;)Sieです。

 全リア集、無事届きました。
 ……!!!!!!

 届きました……!!!(ありがとう、ありがとう)

 宵闇、おまけリアあったよ!
 おまけあったよ!(ありがとうありがとうありがとう!)
 半年良い様に使われてた譲さんは密にお粥食わされてて(看病してもらってるとか言えよ)、喪失はしちゃったけどあまねを好きでいてくれた夢崎くんは、学校職員と一緒に住んでるみたいです。ワオ!

 嬉しいです……
 おまけリアがあったー(じーん)!
 エルスウェアさん、上原マスター、本当に有難う御座いました。
 そんなわけで。

 以下、OMAKEプラリア。
 あまね視点です。続きに折りたたみ。

 たくさんの、感謝をこめて。


「香る、変わる」
***

 季節が変わったと、気温だけでなく分かる。

 そのことに、穂積あまね(ほづみ・―)は気が付いていた。風が冷たい。それは分かる。だがそれだけのことだったのに。
 先週まで咲いていた花が散った。強い芳香も今は無い。それと同時に、空が澄み、僅かに高くなったような気がする。雲が遠いのだ。思い巡らせて見れば、夏の間は強い勢いを誇っていた入道雲が、今は散り散りになって、鱗のようになっている。
 そうか。と、あまねは思う。これが秋か。と。

 学食で、知った顔に会った。

 とは言え、行動範囲は随分と限っているし、それも出会う人間を考慮して制限したものだから、彼に出会うのは計算の内だった。出会わないように心がけている人物もある。お互いの為に。

「あーちゃん」

 言って、彼は――腕密月(かいな・みつづき)は照れくさそうに笑った。その微笑が、柔らかく暖かであることに、今は何の疑問も違和感も抱かない。嫉妬も、焦燥感も、だ。
 だから、同じように微笑むことが出来た。
「どうした?」
 くすぐったそうに笑う密月に問うと、しばし思案したあとに、「あーちゃんって呼んでも、怒らへんなったな、って」と、もう一度笑った。そうだろうか。ふと疑問に思って、「そうだな」と応えた。

 秋。
 秋、秋。
 確かに何度も巡り着たはずの、秋。

 誰と出逢った。誰と別れた。
 去年の今、出会った人たちと、今はもう、同じように会えない。沢山の人たちと出会い、無造作に傷つけたことを、今、ひとつひとつ思い返す。胸が痛んだ。

「元気?」
「うち?」
「いや、……彼氏」
 ふ、と、笑うと、密月の白い頬が朱に染まった。ひとしきり照れたあと。
「うちがついとるもん」
 言って胸を張る。
 もう、こいつに『兄』は必要ない。思って――我知らず微笑んでいた。
「あーちゃんこそどうなん?」
「大丈夫だよ」
 唇を尖らせて尋ねるから、にやりと笑って見せてやった。
「ぼくがついてるからね」

 密月は、この上なく嬉しそうに、笑った。

 空が高い。
 午後の仕事はなるべく早く済ませよう。日々の糧を稼ぐことが、こんなに楽しいと思えたことは今までに無い。
 帰り道、墓地に寄っても、駆け足で帰ればスーパーが混む前に間に合う。足り無いものを買い足したら、昨日安曇野からたくさん送られてきたネギと、冷凍庫の中の鴨肉を使って、鴨鍋でも作ろう。そしてそれがどんなに美味しいか、邦夫に教えよう。
 鍋にまつわる想い出も話して、そうして。毎年食べようって言おう。

 胸が熱い。

 時は早足の鼓動のように、とくとくと進む。ひと時だって待ってはくれない。それが今、とても愛おしい。
「怒るかい」
 高い、手の届かないほど遠くに行ってしまった、空を見上げて問う。応えは帰らない。
 細く高い位置にある真昼の月は、枡塚三吾(ますづか・さんご)が相棒に、春日藍夢(かすが・らんむ)に向けて笑うときに見せた、あの細く優しい眼に似ていると思った。
「それとも笑うかい」
 できればそうして欲しい。
 苦くでもいい、笑って、もう一度、「しょうがないな」って言って欲しい。「あまねさん」にでも、「穂積センパイ」にでもいいから。

 願いと後悔と愛おしさと、痛みを感じる胸を抱いて。



 ぼくは、一歩、踏み出した。



***
別窓 | 【運準】プラリア | コメント:0 | トラックバック:0 
<<お疲れ様でした。 | 蘇生 | next.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 蘇生 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。