*PBMを遊ぶ人のゲームメモ。架空世界の話メイン。
http://unnmei.blog57.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
Private Reaction“s”-4
2006-11-07 Tue 00:52
 甘利はるきさまのお題サイト、[リライト]さんから、お題をお借りし、それに沿って散文的プラリアを書く、という企画の続き、4回目です。
 今回も、人様のPCさん――桐原灰人さんにご登場願っています(許可&歓迎感謝です!)。本文にお名前は出てないですけど(笑)。←待て

 続きは引き伸ばしてどうぞ。
 一応宵闇館での話で、一応BLっぽい、ので、苦手な方は回避して下さい。何もしてないですけど、念のため。
■「口淋しいなんて、馬鹿な」

 ――理由が、欲しい。
 いけないものを口にするだけの、理由が。

 宵闇館の、接客室までの道のりで、ふと煙草の匂いが鼻に付いた。

 風の流れだろうか、案内をしてくれた教員の、少しくたびれた――無愛想な印象の背中から、どこかで嗅いだことのある気配が、香った。
 密月は、煙草を口にしない。
 したことがない。
 そんな理由で、ふと、あの煙は、人を魅了するだけの美味を持つのかと、そんな気持ちになる。

「センセイ」
 声をかけたのは、だから、そんな理由。
「――煙草、吸われるんですか?」

 瞬きながら彼を見る生徒を、教師がどう思ったか。
 無精髭の生えた顎の辺りを小さく撫でて、匂うかと問い返す。密月が頷く――「急に済みません」と付け加えて。

「何となし、気になって。吸ってみたいとか思っているわけじゃないんですけれど」
 はは、と、教師は笑う。
 吸わずに済めばそれに越したことはない、という雰囲気の、僅かに自嘲気味の笑い。

「訊いても良い、です?」

 僅かに躊躇い、小首をかしげて、密月が問う。

「……どうして吸わはるんです?」

 ぱちぱちと。
 瞬きながら彼を見る生徒を、教師がどう思ったか。

「癖、かな」
「……」
「咥えてないと、落ち着かない」

 納得した様子ではなく、しかし神妙に頷く密月に、流石に時と場所を選ぶが、と、彼は笑う。
 ぺこりと頭を下げた密月が、「おおきに」と笑う。

「礼を言われるようなことはしてない。――と、ここだ。もう暫く待っていてくれ」

 ぺこりと。
 扉を開けて指し示す教師に密月が頭を下げると、少しだけ長い、蜂蜜の色をした髪が揺れる。もう一度、小さく――消えるような声で礼を言って。

 ――理由が、欲しい。
 これから――口にしたいのは、“いけないもの”だから。

 ぱたりと、極々軽い音で、扉が閉まった。

***
別窓 | 【運準】プラリア | コメント:0 | トラックバック:1 
<<info. | 蘇生 | Private Reaction“s”-3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
no.10:プラリア(教師2)
プラリア第2弾も、教師で。お題は、「リライト」さんの「ヘビースモーカー五題」から「それは愚かな惰性」です。今回は、他のお家のPCさんをお借りしています。Sieさん家の腕密月君です。えー、一応以前書いていただいたプラリアのお返しということで。それの、灰人視点 …
2006-11-08 Wed 23:44 黒い御伽噺
| 蘇生 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。